豪ドル円(AUD/JPY)トレードにおすすめのFX口座

豪ドル円(AUD/JPY)トレードにおすすめのFX口座
スポンサーリンク

「豪ドル(AUD)」は、オーストラリアの通貨です。
資源国通貨と呼ばれており、比較的安定感があります。

豪ドル円は、過去には安定感に加えてスワップポイントも高かったため、スワップポイント運用先としてトレードされていました。

しかし、資源の主な貿易相手が中国であることと、スワップポイントが安くなった現在は、あまり魅力を感じない通貨ペアになってしまいました。

豪ドル円の値動きがわかりやすい方のみトレードしたほうが良い通貨ペアです。

最初に豪ドル円の特徴を説明したあと、トレードにおすすめできるFX口座をご紹介します。

なお、FX業者の各口座の「特徴」「スワップポイント」「スプレッド」「取引手数料」「会社の信用度」などから判断した総合的な使いやすさから、おすすめ口座を選んでいます。

豪ドル円(AUD/JPY)の特徴

世界中で使用される通貨シェア・割合

  • 豪ドル(AUD) 第5位(3%)
  • 円(JPY) 第3位(11%)
世界中で使用される通貨シェア・割合
出典:国際決済銀行(BIS)2016年

世界中で取引される通貨ペアのシェア・割合

  • 豪ドル円(AUD/JPY) 第11位以下
世界中で取引される通貨ペアのシェア・割合
出典:国際決済銀行(BIS)2016年

豪ドル円(AUD/JPY)の特徴

  • 豪ドルは世界第5位のシェアで、資源国通貨のため信用度が高い
  • 円は世界第3位のシェアのため信用度が高い
  • トレードに関する情報が手に入りやすい
  • レートの変動幅は小さい
  • レート表示は「円」、スプレッド単位は「銭」と分かりやすい
  • 資源の輸出割合が高い中国の景気に影響されやすい
豪ドル円(AUD/JPY)まとめ
  • 情報量が多いためトレードの判断がしやすい
  • 中程度の取引コスト(スプレッド)とレートの変動幅の小ささからスキャルピングやデイトレードの短期売買には向かない
  • 今後スワップポイントが高くなることがあれば、豪ドルは資源国通貨で信用度があるため中長期間でのスワップポイント運用に期待できる
  • 中程度のスプレッドとスワップポイントが低い状況では、値動きが理解しやすい方を除いてはトレードするメリットをあまり感じられない

関連記事 「FX口座のおすすめ一覧(裁量トレードと自動売買)」

関連記事 「FX業者の各口座の特徴を比較(使いやすい口座を選ぶ)」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。