ユーロ米ドル(EUR/USD)トレードにおすすめのFX口座

ユーロ米ドル(EUR/USD)トレードにおすすめのFX口座
スポンサーリンク

「ユーロ米ドル(EUR/USD)」は、世界でトレードされる通貨ペア第1位です。

円を含まない通貨ペアため理解の難しさがありますが、スプレッドは狭く値動きもあるため、スキャルピングやデイトレードの短期売買に向いています。

最初にユーロ米ドルの特徴を説明したあと、トレードにおすすめできるFX口座をご紹介します。

なお、FX業者の各口座の「特徴」「スワップポイント」「スプレッド」「取引手数料」「会社の信用度」などから判断した総合的な使いやすさから、おすすめ口座を選んでいます。

ユーロ米ドル(EUR/USD)の特徴

世界中で使用される通貨シェア・割合

  • ユーロ(EUR) 第2位(16%)
  • 米ドル(USD) 第1位(44%)
世界中で使用される通貨シェア・割合
出典:国際決済銀行(BIS)2016年

世界中で取引される通貨ペアのシェア・割合

  • ユーロ米ドル(EUR/USD) 第1位(23%)
世界中で取引される通貨ペアのシェア・割合
出典:国際決済銀行(BIS)2016年

ユーロ米ドル(EUR/USD)の特徴

  • ユーロは世界第2位のシェアのため信用度が高い
  • 米ドルは世界第1位のシェアのため信用度が高い(基軸通貨と呼ばれる)
  • トレードに関する情報が手に入りやすい
  • レートの変動幅は中程度
  • レート表示は「1ユーロあたりの米ドル」、スプレッド単位は「pips」と分かりにくい
  • スプレッドはかなり狭い
  • 世界で最も取引量が多い
ユーロ米ドル(EUR/USD)まとめ
  • 情報量が多いためトレードの判断がしやすい
  • 中程度の値動きとスプレッドの狭さから、スキャルピングやデイトレードの短期売買はしやすい
  • 円を含まない通貨ペアのため、レート・スワップポイント・スプレッドの単位が異なり、直感的にわかりにくく初心者には向かない
  • 世界シェア1位のため、FXトレードに慣れたら挑戦したい通貨ペア

関連記事 「FX口座のおすすめ一覧(裁量トレードと自動売買)」

関連記事 「FX業者の各口座の特徴を比較(使いやすい口座を選ぶ)」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。