【2020年版】FXの確定申告書の書き方(損失でも申告して節税)

【2020年版】FXの確定申告書の書き方(損失でも申告して節税)

確定申告はすごく嫌な作業です。

申告書類を作るのは面倒で、しかも税金を支払わないといけません。

しかしそうも言ってられないので、初心者にもわかりやすく確定申告書の書き方をまとめました。

2020年の確定申告の受付期間は、2月17日(月)~4月16日(木)です(本来は3月16日(月)まででしたが2020年は延長となりました。)。

「給料がある会社員が副業としてFXで儲けた(または損した)場合」を例に、確定申告書類の書き方を説明します。

損失時は必ずしも確定申告する必要はありませんが、節税目的で繰越控除をする場合には確定申告をしておく必要があります。

当ページでは、インターネットで申告書を作成するときの画面をもとに説明しています。

なお、確定申告書の書き方の前にFXの税金の仕組みを知りたい方は、最初に以下のリンク先ページをご確認下さい。

関連記事 「FXの税金はいくら?計算方法と仕組みを説明」

スポンサーリンク

確定申告書の作成に必要なもの

事前に用意するもの
  • 源泉徴収票
    ※年末年始あたりに勤務している会社から渡される。
  • FX会社ごとの一年間の損益額を証明する書類
    ※為替損益とスワップポイントの合計損益額。
    ※FX会社の口座にログインしてご自身で印刷するケースが多い。
    ※FX会社によって「年間損益報告書」「期間損益報告書」など書類名称が異なる。
  • FXにかかった経費の領収書

なお、過去の損失額の繰越控除を行う場合には、「平成30年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)」を用意します。

前年度に作成した確定申告書類の控えの書類一式の中にあります。

確定申告書作成までの下準備

1.「確定申告」で検索し、国税庁確定申告書等作成コーナーのページを開く

2.作成方法を選択

始めて作成される方は「作成開始」を選択します。

過去の確定申告データを利用する方や、入力途中のデータの続きから作成する方は、「保存データを利用して作成」を選択します。

「保存データを利用して作成」は、既に住所氏名等が入力されており手間を省けるため便利です。

確定申告の作成方法を選択(新規作成または過去データを利用)

3.税務署への提出方法を選択

「e-Taxで提出 マイナンバーカード方式」は、あらかじめマイナンバーカード(※マイナンバー通知書ではありません)とICカードリーダライタの準備が必要です。

「e-Taxで提出 ID・パスワード方式」は、あらかじめ直接税務署に行って手続きをし、のちに発行されたID・パスワードを利用する方法です。

上記2つの方法はすぐには利用できず事前の準備が必要なため、当ページでは「印刷して提出」を選択します。

(確定申告)税務署への提出方法

4.パソコン推奨環境・利用規約等の確認

内容に問題がなければ、同意して次のページへ進みます。

5.令和元年分の「所得税」を選択

「令和元年分の申告書等の作成」をクリックします。

今回の確定申告の目的は、FXの損益(所得)の申告のため「所得税」を選択します。

(確定申告)申告書の種類

6.入力方法の選択

給与所得・年金所得のみの方は、一番左「給与・年金の方(給与・年金専用)」を選択すると入力が必要な項目のみが表示されるため、初めての方でも入力しやすくなります。

給与・年金以外の所得がある方は、中央「左記以外の所得のある方(全ての所得対応)」を選択します。

上記2つの違いがわからない方は、一番右「左のボタン選択がお分かりにならない方」を選択します。

所得の全体像がわかりやすく、前年度の確定申告書の控えを元に入力しやすいため、毎年私は中央「左記以外の所得のある方(全ての所得対応)」で作成しています。

当ページでは中央を選択して進めていきます。

(確定申告)入力方法の選択

7.「申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する」にチェック

申告の種類や生年月日の入力画面が表示されるため入力します。

一番下の「申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する」にチェックすると、申告書の様式画面で入力ができるため大変見やすくなります。

チェックを入れて次の画面に進みます。

(確定申告)「申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する」にチェック

以上で事前準備は終了です。

ここからはメインとなる具体的な入力画面の説明をします。

スポンサーリンク

給与所得の書き方

それでは「確定申告書B 第一表」「確定申告書B 第二表」の作成を始めます。

表の左上あたりにある収入金額等の「給与」をクリックします。

(確定申告)収入金額等の「給与」を選択

クリックすると別の画面が開きます。

年末調整済み方は、一番上「年末調整済みの源泉徴収票の入力」を選択します。

年末調整済みでない方は、中央「年末調整済みでない源泉徴収票の入力」を選択します。

(確定申告)年末調整あり、なしの選択(源泉徴収)

上記いずれかを選択すると給与所得の入力画面が表示されるので、あらかじめ用意しておいた源泉徴収票を見ながら内容を転記します。

源泉徴収票の入力は、表示される画面のとおりに従って内容を転記するだけなのでとても簡単です。

(確定申告)給与所得の入力画面(源泉徴収票の転記)
(「年末調整済みの源泉徴収票の入力」画面より)

先物取引に係る配当所得等の書き方

次に、「 確定申告書 第三表(分離課税用) 」「 先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書 」を作成します。

ページ下部にある「分離課税の所得」から、「先物取引に係る雑所得等」をクリックします(FXは先物取引に該当します)。

(確定申告)先物取引に係る雑所得等を選択

「所得区分」を入力

入力画面が表示されたら、「1 所得区分」のプルダウンから「事業所得用」「譲渡所得用」「雑所得用」のうち、ご自身にあったものを選択します。

所得区分とは
所得区分とはこれから申告する所得の種類を意味します。

  • 事業所得用・・・商売や事業としての所得
  • 譲渡所得用・・・土地や建物、株式など資産を売却して得た所得
  • 雑所得用・・・他の9つある所得のいずれにも当てはまらない所得

今回は「給与のあるサラリーマンが副収入として得たFXの所得」であるため雑所得となります。

(確定申告)所得区分

「取引の内容」を入力

  • 種類・・・FX、外国為替、外国為替証拠金取引などを入力
  • 決済年月日・・・決済した年月日を入力(一年間分の取引金額をまとめて入力する場合は年月日は記入しない)
  • 数量・・・取引した数量を入力(一年間分をまとめて入力する場合は記入しない)
  • 決済の方法・・・「仕切」と入力
(確定申告)取引の内容を入力

「収入」を入力

  • 差金等決済に係る利益又は損失の額・・・年間損益報告書などの書類から一年間の損益を入力
    ※損失の場合には「-(マイナス)」をつける
    ※複数のFX会社でトレードしている場合には合計した損益額
    ※為替損益とスワップポイントの合計金額
  • 譲渡による収入金額・・・未記入でよい
  • その他の収入・・・未記入でよい
(確定申告)差金等決済に係る利益または損失の額を入力

「必要経費等」を入力

先程入力したFXトレードにかかった経費を入力します。

  • 委託手数料・・・未記入でよい
  • 譲渡による収入金額に係る取得費・・・未記入でよい
  • 自由記載の空欄3つ・・・かかった経費を記入
    ※枠が足りない場合は、「一つの枠に複数の経費を入力」「◯◯等、と書いて合算した経費を入力」でも問題ありません。
(確定申告)FXの必要経費の記入例
一般的にFXで経費と認められる可能性があるもの
  • パソコン本体
  • スマホ
  • 売買手数料
  • 電気代
  • 書籍代
  • 新聞代
  • セミナー代、セミナー参加ための交通費
  • FXに関する情報商材
  • 銀行からFX口座への振込手数料
  • パソコン部品購入代
  • インターネット回線料

※上記は必ずしも経費と認められるわけではありません。個人のトレード環境によって異なるため、詳細は税務署へお問い合わせ下さい。

経費は常識の範囲に限って入力しよう!

経費が多いほど支払う税金は安くなるので節税になります。

ただし、領収証があるものなど金額を証明できるものに限って必要経費とします。
嘘や証明できない経費は認められません。

領収書等は必ず保管しておきましょう。

不適切な申告の場合には、後ほど税務署から調査が入り高い加算税(罰金)を支払うことになるかもしれません。

必要に応じて繰越控除を入力

繰越控除をする方のみ記入する項目です。

繰越控除とは、翌年以降最長3年間損失を繰り越せる仕組みを言います。

つまり、過去の損失額を確定申告していた場合には、当年度の利益から過去の損失額を差し引くことができるため節税が可能です。

前年度に損失の繰越控除をしていた場合には「平成30年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)」が手元にあると思います。

この控えを元に金額を転記します。

(確定申告)繰越控除の入力例

以上で申告書類の作成は終了です。

スポンサーリンク

まとめ

給料がある会社員が副収入としてFXで儲けた(または損した)場合の書き方を説明しました。

大まかな手順は次の3つのみ。

1.「給料」の項目を源泉徴収票をもとに入力
2.「先物取引に係る雑所得等」の項目を年間損益報告書などの書類をもとに入力
3.利益から経費を差し引く

一度仕組みを理解できれば、意外と簡単に申告書を作成できると思います。

なお応用編として、「株式で利益があった」「副業で稼いだ」など他の所得があれば、該当する項目に追加で入力します。

また、「ふるさと納税をした」「生命保険料控除をしたい」などの所得から差し引けるものがあれば、こちらも該当する項目に入力すれば作成は終了します。

あとは確定申告書を印刷して郵送し、表示された税金を支払えば確定申告は終了です。

お疲れさまでした。

国内FX業者のキャッシュバック等は税金支払いの対象となる?

国内FX業者のキャッシュバック・商品等は税金支払いが必要?

2019年11月10日

関連記事 「FX口座のおすすめ一覧(裁量トレードと自動売買)」

関連記事 「FX業者の各口座の特徴を比較(使いやすい口座を選ぶ)」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。