トルコリラ円(TRY/JPY)トレードにおすすめのFX口座

トルコリラ円(TRY/JPY)トレードにおすすめのFX口座

「トルコリラ円(TRY/JPY)」はレートの下落リスクは高いのですが、一方で高金利通貨と呼ばれており、かなり高いスワップポイントがもらえます。

スワップポイント優先で運用したい方には魅力的な通貨ペアとなるでしょう。

最初にトルコリラ円の特徴を説明したあと、トレードにおすすめできるFX口座をご紹介します。

なお、FX業者の各口座の「特徴」「スワップポイント」「スプレッド」「取引手数料」「会社の信用度」などから判断した総合的な使いやすさから、おすすめ口座を選んでいます

目次
  • トルコリラ円(TRY/JPY)の特徴
  • トルコリラ円(TRY/JPY)におすすめのFX口座
    1. [トレイダーズ証券]みんなのFX
    2. [GMOクリック証券]FXネオ

トルコリラ円(TRY/JPY)の特徴

世界中で使用される通貨シェア・割合

  • トルコリラ(TRY) 第11位以下
  • 円(JPY) 第3位(11%)
世界中で使用される通貨シェア・割合
出典:国際決済銀行(BIS)2016年

世界中で取引される通貨ペアのシェア・割合

  • トルコリラ円(TRY/JPY) 第11位以下
世界中で取引される通貨ペアのシェア・割合
出典:国際決済銀行(BIS)2016年

トルコリラ円(TRY/JPY)の特徴

  • トルコリラは世界シェアが第11位以下のため信用度が低い
  • 円は世界第3位のシェアのため信用度が高い
  • トレードに関する情報が手に入りにくい
  • レートの変動幅は小さく、長期間の下落傾向が続いている
  • レート表示は「円」、スプレッド単位は「銭」と分かりやすい
  • スワップポイントはかなり高い
  • スプレッドは広い
  • 社会情勢が不安定
トルコリラ円(TRY/JPY)まとめ
  • 情報量が少ないためトレードの判断がしにくい
  • かなり高い取引コスト(スプレッド)とレートの変動幅の小ささからスキャルピングやデイトレードの短期売買には全く向かない
  • 信用度の低さや取引者数の少なさ・社会情勢の不安定さから、レートが予想外に急落しロスカットになる恐れがある
  • リスクよりも、とにかく高いスワップポイントを優先するならトルコリラ円はおすすめ

トルコリラ円(TRY/JPY)におすすめのFX口座

1位 [トレイダーズ証券]みんなのFX

高いスワップポイントで運用したい
少額の資金でFXトレードをしたい

このような方には、「みんなのFX」はおすすめです。

高いスワップポイントで運用したい

高金利通貨であるトルコリラ円は、高いスワップポイントがもらえます。

トルコリラ円でトレードする方は、大多数がスワップポイント運用が目的でしょう。

みんなのFXは高金利通貨のスワップポイントに力を入れているため、他のFX業者の口座よりも多くの利益が期待できます。

また、公式ホームページ上でスワップポイントシミュレーションも利用できることもメリットです。

少額の資金でFXトレードをしたい

みんなのFXでは1,000通貨からトレード可能です。

仮に1ドル100円で、FX用資金が10万円とします。

みんなのFXでトレードする場合は、1,000通貨単位のため「10万円分」からの取引が可能で、レバレッジ1倍となります。

他のFX業者の口座の場合には、10,000通貨単位であれば「100万円分」からの取引となり、レバレッジ10倍となります。

リスクコントロールの点から言えば、FX用資金が少ない方は1,000通貨単位のほうが自己資金にあったポジションでトレードができるため、ロスカットを防ぎやすいと言えるでしょう。

他のFX業者の口座との比較

スワップポイントの高さも問題ないでしょう。

取引コストは「スプレッド1.7銭」「取引手数料無料」と安い水準のため、全く不満がありません。

以上のような理由から総合的に評価しておすすめ1位としました。

[トレイダーズ証券]
みんなのFX
特徴まとめ

・1,000通貨からトレード可能
・高金利通貨のスワップポイントは高めの傾向
・主要通貨のスプレッドは業界最狭水準
・『みんなのシストレ』(自動売買)も一つの口座で取引可能
・各種シミュレーションができる

【トルコリラ円(TRY/JPY)の例】
(情報確認日:2019年8月1日)
最低取引単位数 1,000通貨
スワップポイント 1万通貨あたりの金額
(買)80円、(売)-80円
スプレッド 1.7銭
取引手数料 無料
1,000通貨単位でトレードができます。高金利通貨を中長期保有する方には向いていると言えます。また、「証拠金シミュレーション」「実行レバレッジシミュレーション」「スワップシュミレーション」ができ、リスク管理やスワップポイントの計算が楽にできます。
トレイダーズ証券 みんなのFX

<公式サイトで内容を確認>
トレイダーズ証券「みんなのFX」

2位 [GMOクリック証券]FXネオ

たくさんの通貨ペアでトレードしたい
しっかりとリスク管理をしてロスカットを防ぎたい

このような方には、「FXネオ」は向いていると思います。

たくさんの通貨ペアでトレードしたい

FXネオは様々な状況でも使いやすいFX口座でしょう。

取引コストやスワップポイントの点から、米ドル円に限らず他の通貨ペアでもオールマイティーにトレードのしやすさがあります。

複数口座の使い分けや管理が面倒な方は、FXネオを選んでも大きなデメリットは無いと思います。

しっかりとリスク管理をしてロスカットを防ぎたい

FXネオでは、公式ホームページで「ロスカットシミュレーション」が使用できます。

数字を入力することで通貨購入前にロスカットとなるレートが確認できます。

ロスカットされると資金がほとんど無くなってしまうため、事前にしっかり確認することで適正なポジション管理がしやすくなります。

初心者には特に大きなメリットでしょう。

他のFX業者の口座との比較

スワップポイントは高めなため問題ありません。

取引コストは「スプレッド1.7銭」「取引手数料無料」と安い水準のため、全く不満がありません。

親会社が「GMOインターネット株式会社」のため高い安心感もあります。

以上のような理由から総合的に評価しておすすめ2位としました。

[GMOクリック証券]
FXネオ
特徴まとめ

・親会社が「GMOインターネット株式会社」のため安心感がある
・スワップポイントとスプレッドが良い
・多くの通貨ペアで使いやすいトレード条件
・ロスカットシミュレーションでリスク管理が簡単

【トルコリラ円(TRY/JPY)の例】
(情報確認日:2019年8月1日)
最低取引単位数 10,000通貨
スワップポイント 1万通貨あたりの金額
(買)54円、(売)-54円
スプレッド 1.7銭
取引手数料 無料
※ロスカット時のみ1万通貨単位あたり500円必要
親会社であるGMOインターネット株式会社は東証一部上場。グループ企業も多く安心感のある会社です。スワップポイントは高くスプレッドは安い傾向にあります。様々な通貨でトレードする方にはメリットです。特に初心者にとっては、「ロスカットシミュレーション」はリスク管理に大変便利でしょう。

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設

<公式サイトで内容を確認>
GMOクリック証券【FX】

ピックアップ!総合力で使いやすいFX口座

1.[DMMFX]
DMMFX
DMMFXトップページ
DMMFX公式サイトより
特徴まとめ

・マイナススワップポイントが低めなためサヤ取りに利用しやすい
・知名度の高い「DMM.com」グループ企業のため安心感がある
・プラススワップポイントとマイナススワップポイントが同一値
・取引でポイントが付与される

<公式サイトで内容を確認>
DMM FX

2.[GMOクリック証券]
FXネオ
GMOクリック証券FXネオトップページ
GMOクリック証券公式サイトより
特徴まとめ

・親会社が「GMOインターネット株式会社」のため安心感がある
・スワップポイントとスプレッドが良い
・多くの通貨ペアで使いやすいトレード条件
・ロスカットシミュレーションでリスク管理が簡単

<公式サイトで内容を確認>
GMOクリック証券【FX】