米ドル円(USD/JPY)トレードにおすすめのFX口座

米ドル円(USD/JPY)トレードにおすすめのFX口座
スポンサーリンク

「米ドル(USD)」は世界中で最も取引されている通貨です。
そのため、米ドルの価値の変動は、他の通貨にも強い影響を与えます

例えばユーロ円のように他の通貨ペアでトレードする場合でも、米ドルに影響を与えるアメリカの「経済ニュース」や「出来事」「米国雇用統計などの重要指標」は必ず意識しておく必要があります。

このような仕組みを理解するために、米ドル円は初心者がまず始めにトレードしたい通貨ペアです

詳しく知りたい方は、以下リンク先ページ「最初のトレードは「米ドル円(USD/JPY)」が絶対におすすめ!」をご参照下さい。

最初のトレードは「米ドル円(USD/JPY)」が絶対にお勧め!

最初のトレードは「米ドル円(USD/JPY)」が絶対におすすめ!

2019年6月12日

最初に米ドル円の特徴を説明したあと、トレードにおすすめできるFX口座をご紹介します。

なお、FX業者の各口座の「特徴」「スワップポイント」「スプレッド」「取引手数料」「会社の信用度」などから判断した総合的な使いやすさから、おすすめ口座を選んでいます。

米ドル円(USD/JPY)の特徴

世界中で使用される通貨シェア・割合

  • 米ドル(USD) 第1位(44%)
  • 円(JPY) 第3位(11%)
世界中で使用される通貨シェア・割合
出典:国際決済銀行(BIS)2016年

世界中で取引される通貨ペアのシェア・割合

  • 米ドル円(USD/JPY) 第2位(18%)
世界中で取引される通貨ペアのシェア・割合
出典:国際決済銀行(BIS)2016年

米ドル円(USD/JPY)の特徴

  • 米ドルは世界第1位のシェアのため信用度が高い(基軸通貨と呼ばれる)
  • 円は世界第3位のシェアのため信用度が高い
  • トレードに関する情報が手に入りやすい
  • レートの変動幅は小さいため、利益は少ないがリスクは限定的
  • レート表示は「円」、スプレッド単位は「銭」と分かりやすい
  • スプレッドはかなり狭い
  • FXで日本人に一番選ばれる通貨ペア
米ドル円(USD/JPY)まとめ
  • 情報量が多いためトレードの判断がしやすい
  • スプレッドの狭さからスキャルピングやデイトレードの短期売買はしやすい
  • 影響力が強いため、他の通貨ペアでトレードする場合でも値動きを把握しておきたい
  • 「リスク管理のしやすさ」「取引コスト(スプレッド等)の安さ」「米ドルは他の通貨への影響力」の理由から、FX初心者が最初に始めたい通貨ペア
スポンサーリンク

米ドル円(USD/JPY)におすすめのFX口座

1位 [DMM.com証券]DMMFX

売りトレード時のマイナススワップポイントを安く済ませたい
使っていない資金を上手に活用したい

このような方には、「DMMFX」は特に大きなメリットがあります。

売りトレード時のマイナススワップポイントを安く済ませたい

FXトレードに慣れると、「買い」だけでなく「売り」でトレードしたい相場もあると思います。

DMMFXは、「マイナススワップポイント安い傾向にある」ため、他のFX業者の口座よりもその差額分お得にトレードできます。

使っていない資金を上手に活用したい

サヤ取り」という方法を行います。

「サヤ取り」の説明
サヤ取りとは、スワップポイントが高いFX業者の口座で買いポジションを、DMMFXのようなマイナススワップポイントが安いFX口座で売りポジションをほぼ同じタイミングで購入することで、レートの変動の影響を受けずに買い売りポジションのスワップポイントの差額のみを得る方法。

米ドル円では、過去には10,000通貨あたりで20円以上の差額になることもありました。

使っていない資金を銀行やFX口座に眠らせておくよりも、「サヤ取り」で運用することでさらに収益をあげられます

マイナススワップポイントが安い傾向にあるDMMFXは、有力候補になります。

他のFX業者の口座との比較

取引コストは「スプレッド0.3銭」「取引手数料無料」と安い水準のため、全く不満がありません。

DMMFXを運用する「DMM.com証券」は「DMM.com」グループのため、高い安心感があります。

以上のような理由から総合的に評価しておすすめ1位としました。

[DMM.com証券]
DMMFX
特徴まとめ

・マイナススワップポイントが低めなためサヤ取りに利用しやすい
・知名度の高い「DMM.com」グループ企業のため安心感がある
・プラススワップポイントとマイナススワップポイントが同一値
・証拠金シミュレーションでリスク管理が簡単
・取引でポイントが付与される

【米ドル円(USD/JPY)の例】
(情報確認日:2019年8月1日)
最低取引単位数 10,000通貨
スワップポイント 1万通貨あたりの金額
(買)72円、(売)-72円
スプレッド 0.3銭
取引手数料 無料
マイナススワップポイントが低いため、レートの変動がほとんど気にならないスワップポイント差益を狙うトレード方法(いわゆるサヤ取り)に便利です。DMMFXは、普段インターネットをする方はおそらくご存じと思われる大手サイト「DMM.com」のグループ企業のため安心感があります。
【DMM FX】入金

<公式サイトで内容を確認>
DMM FX

2位 [トレイダーズ証券]みんなのFX

少額の資金でFXトレードをしたい
通貨購入前にロスカット値やスワップポイントのシミュレーションをしたい

このような方には、「みんなのFX」はおすすめです。

少額の資金でFXトレードをしたい

みんなのFXでは1,000通貨からトレード可能です。

仮に1ドル100円で、FX用資金が10万円とします。

みんなのFXでトレードする場合は、1,000通貨単位のため「10万円分」からの取引が可能で、レバレッジ1倍となります。

他のFX業者の口座の場合には、10,000通貨単位であれば「100万円分」からの取引となり、レバレッジ10倍となります。

リスクコントロールの点から言えば、FX用資金が少ない方は1,000通貨単位のほうが自己資金にあったポジションでトレードができるため、ロスカットを防ぎやすいと言えるでしょう。

通貨購入前にロスカット値やスワップポイントのシミュレーションをしたい

みんなのFXでは、公式ホームページで通貨購入前に「ロスカット値」「レバレッジ」「スワップポイント合計金額」など簡単にシミュレーションできます。

ロスカットを防ぐためのリスク管理スワップポイントによる運用に大変便利でしょう。

初心者には特に役立つと思われます。

他のFX業者の口座との比較

スワップポイントの高さも問題ないでしょう。

取引コストは「スプレッド0.3銭」「取引手数料無料」と安い水準のため、全く不満がありません。

以上のような理由から総合的に評価しておすすめ2位としました。

[トレイダーズ証券]
みんなのFX
特徴まとめ

・1,000通貨からトレード可能
・高金利通貨のスワップポイントは高めの傾向
・主要通貨のスプレッドは業界最狭水準
・『みんなのシストレ』(自動売買)も一つの口座で取引可能
・各種シミュレーションができる

【米ドル円(USD/JPY)の例】
(情報確認日:2019年8月1日)
最低取引単位数 1,000通貨
スワップポイント 1万通貨あたりの金額
(買)80円、(売)-80円
スプレッド 0.3銭
取引手数料 無料
1,000通貨単位でトレードができます。高金利通貨を中長期保有する方には向いていると言えます。また、「証拠金シミュレーション」「実行レバレッジシミュレーション」「資産シミュレーション」「スワップシュミレーション」ができ、リスク管理やスワップポイントの計算が楽にできます。
トレイダーズ証券 みんなのFX

<公式サイトで内容を確認>
トレイダーズ証券「みんなのFX」

関連記事 「FX口座のおすすめ一覧(裁量トレードと自動売買)」

関連記事 「FX業者の各口座の特徴を比較(使いやすい口座を選ぶ)」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。